南アルプス(荒川三山~赤石岳) 2015/09/18夜-23朝

シルバーウィークを利用して南アルプスへ行ってきました。

IMG_3166_convert_20151011145041.jpg

続きを読む

白峰三山 2014/9/13-15

南アルプス「白峰三山」へ行ってきました。
P1050682.jpg

総勢13名の大型山行でした。
xxxx

続きを読む

北岳 2013/10/5-10/6

2013年10月5日₋ 6日 北岳山行

10/5~6に北岳バットレス4尾根に行ってきました。
10/5に登る予定でしたが雨のため一日ずらして6日に登ってきました。
前日が雨だったためか4尾根には他PTなく山頂にも誰もいませんでした。
気持ちの良い登攀と絶景を楽しみました。

続きを読む

白峰三山縦走



白峰三山縦走をしました。

山域:白峰三山(北岳、間ノ岳、農鳥岳)


8月13日(木)

6:25芦安駐車場からバス乗車
8:00広河原 ~ 10:30二俣 ~ 13:10小太郎尾根分岐 ~ 13:40肩の小屋(泊)

大樺沢からの登り、時折吹く風に癒される。
沢の水量は多い。小屋泊まりと思われる軽装の下山者と何回かすれ違う。
北岳はガスがかかって見ることができない。

二俣からは右俣コースをとる。かなりの急登である。
この頃から雨が降り始めた。

小太郎尾根から稜線を伝い肩の小屋へ到着。
既に10数張のテントがあったが、なんとか場所は確保できた。

8月14日(金)

2:30起床
5:40肩の小屋 ~ 6:20北岳山頂 ~7:50北岳山荘 ~8:50中白根山 
~10:00間ノ岳 ~11:30農鳥小屋(泊)  

起きると雨は降っていないが、辺り一面ガス。
一時ではあったが、ガスが晴れ穂高連峰を見渡せた。

北岳山頂まで約40分、雲が多く、展望はいまひとつである。
その後はガスが薄くなり、中白根山、間ノ岳への稜線や
後方には仙丈ヶ岳を望むことができた。

途中、ライチョウの親子に遭遇して北岳山荘へ。
ここのトイレは近代的で、テン場も広い。

中白根山を経て間ノ岳へ。
数多くの高山植物が目を楽しませてくれます。
また、イワヒバリは囀りだけでなく、その姿も
現わしてくれました。

今日は大門沢小屋まで約10時間の行動計画。
その半分を過ぎた農鳥小屋で休憩をしていると
「丁度優柔不断になる時間。これから先に進むのであれば
長居は禁物」と話しかけてくるオヤジさん。
帰宅後分かったことであるが、有名な小屋の主人である。

?テン場に余裕があったこと?農鳥岳、間ノ岳の眺望が素晴らしかったこと
?オヤジさんの忠告 等により農鳥小屋泊に予定を変更した。

8月15日(土)

1:00起床
3:45農鳥小屋 ~ 4:50西農鳥岳 ~ 5:50農鳥岳 ~7:00下降点分岐
~10:00大門沢小屋 ~ 13:00丸山林道入口
13:25丸山林道入口バス発 途中広河原にて乗合タクシーに乗り換え
15:20芦安駐車場

予定変更のため、今日の行動計画は9時間45分。
最終バスに間に合わなければ、奈良田に泊まるしかない。
ヘッドランプを点けて西農鳥岳を目指す。
山頂でご来光を拝むことができた。

岩稜のアップダウンを繰り返し農鳥岳へ。
富士山を眺めながらの雲上散歩である。

鐘がある大門沢下降点からは樹林帯の急坂を下る。
木の根、石が多く滑りやすい道である。
大門沢小屋に着いたのが、10時前。バスに間に合うかどうか
ぎりぎりの時間である。

実はここからが今回最大の核心部であった。
朽ちた丸太橋の徒渉が数回、落ちれば数十メートルは滑落するであろう所も
数か所、さらに高度感のある吊橋が3か所と最後の最後まで気が抜けません。

なんとか最終のバスに間に合うことができました。
この日に農鳥小屋を出発し、同じバスに乗った
グループはごくわずかでした。

by H