スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊仙山

11月22日(日)霊仙山 日帰り 曇/晴 無雪期

弁天町集合5:00→(車)名神高速道路→米原IC→醒ヶ井駅付近

続きを読む

スポンサーサイト

伊吹山 2015/2/7

2015年2月7日(土) 伊吹山山行

コース:登山口~三合目~伊吹山頂上(ピストン)

続きを読む

伊吹山 2014/1/12

2014年1月12日 伊吹山
20140112_185340 (450x253)



コース: 登山口10:20~3合目11:50~6合目12:30~山頂手前のトイレ13:30/14:00~6合目15:10~3合目16:20~登山口16:45

続きを読む

高島トレイル/大御影山 2013/11/3

2013年11月3日 高島トレイル/大御影山
20131103_122503 (300x400)

曇りのち雨

コース: 登山口9:55~滝谷山分岐11:10~林道出合11:35~大御影山12:24~林道出合13:34~滝谷山分岐13:59~ビラデスト今津15:00
※近江今津駅~ピラデスト今津間は、現在はバスの運行が廃止され、タクシ-利用しかありません。
約20分(3,700円程) 

続きを読む

鈴鹿 霊仙山 2013/04/21

 シーカヤックの仲間があちこちから集まって、びわ湖湖北の海津大崎付近にカヤック浮かべて花見で一杯。
2日目は霊仙山へ山行。僕は2日目から参加した。

天候:くもり後晴れ のち快晴
メンバー:非会員3名&こーじー

8:35 JR彦根駅 集合 メンバーの車で榑ヶ畑登山口へ移動
9:35 榑ヶ畑登山口スタート
10:00 二合目
11:05 七合目
11:16 八合目
11:37 九合目
12:00 山頂
12:35 下山開始(ピストン)
14:35 榑ヶ畑登山口下山

米原の天気予報では昨晩から雨。午前中はその雨も残って午後からくもり、北西の風5~6mだった。
おそらく尾根へ上がるとかなりの強風が予想された。
1日目の湖北の花見カヤックはどうだったのだろう。風は2日目ほどではないような予報だったが、琵琶湖のこの時期の北西の風は比良おろし、又の名を「比良八荒」と呼ばれ過去何人もの命を湖上で奪っている厄介な風である。
風に沖へ流されたら戻っては来れない。対岸の長浜あたりへうまく沈せずに流されたらラッキーだろう。
幸い風はそれほど強くなかったようだが、気温が低くまた肝心の桜は既に散っていたそうで早々に切り上げて、彦根の街で宴会だったそうだ。

かろうじて雨は上がったがくもり。山はガスがかかり全く眺望は期待できない。
P1010006.jpg

ガスが掛った森の姿は幻想的
P1010008.jpg
P1010009.jpg

一瞬ガスが晴れて眺望が微かに広がる。
P1010012.jpg

七合目
P1010014.jpg

八合目の霊仙神社
P1010017.jpg

山頂に着くとなんと晴れ始める。伊吹山もくっきり現れる。
P1010033.jpg
写真には写らないが七合目付近からは強風。おそらく10~15m。瞬間的にはもっと。つい身体が煽られバランスを崩す場合も。
山頂、少し南東側に下った風裏で昼休憩。嘘のようにほぼ無風。

下山時 正規のルートを外して少しバリエーションルートを歩く。
中央は伊吹山
P1010041.jpg

この小さな写真では見えないだろうけど、中央に沖ノ島、左端には先日みんなで登った三上山(近江富士)が見える。
P1010043.jpg

悪天候予報だったので眺望は全く期待していなかったが、山頂に至るとガスが晴れだし絶景が堪能できた。西側は琵琶湖、比良山系。湖北、竹生島、海津大崎、大浦、菅浦。その向こうに嶺南の山々。東向きは伊勢湾(桑名、津付近だと思う)、その向こうに知多半島まで見えた。

3月例会山行報告 近江富士から鏡山山系縦走

コースタイム
9:00 野洲駅前発 = 9:10 山出前バス停下車

9:20 表登山口スタート~  9:50 割岩~ 10:05 三上山展望台-頂上着~ 10:35 北尾根分岐~ 10:55 古代峠~ 11:40 西ゲート着
-昼食休憩-
12:25 西ゲート公園をスタート~ 12:45 城山登山口~ 13:00 城山(小堤城山城 286m)頂上着~ 14:05 古城山(岩倉城 259m)頂上着~ 13:40 立石山(284.5m)~ 14:20  鏡山山頂三角点(384.6m)~ 14:50 こんめ岩~ 15:10  登山口~ 15:35  道の駅 竜王かがみの里



3月17日 晴れ
今回、会員10名と、一般参加者1名をまじえて、近江富士こと三上山から和歌でも詠われた鏡山へ行ってきました。
三上山も鏡山も大昔から雨乞いの山、竜神がまつられています。
三上ピーク&縦走路をちょこっと通り、希望が丘西ゲートから城山へと続くアップダウンの多い、、ちょっと山知ってる人も山初心者にも楽しめる・・、独断と偏見に満ち溢れた企画をしました。

やっぱり、シメは近江牛やね!
ってことで、道の駅かがみの里レストランに寄りたかっただけ・・か(;一_一)
まっ、どちらにしても楽しめればいいのです\(^o^)/

今回は、登山口までバスを利用しました。
バス停近くの野菜とお惣菜を置いたお店は残念ながらお休み。
(すみません<(_ _)>・・調査不足でした。)

まず表登山口で自己紹介としっかり準備体操 いきなりの急な登りからスタートです。
30分ほどで、有名な割れ岩があらわれます。

割れ岩1
ザックが引っかからないように、どきどきしながらくぐりぬけ・・ちょっとした岩場を登り・・
振り返れば、低山ながら立派なビューです!

近江ビュー
展望台で眺望を楽しみます。
今日は天気が良いのですが、大陸からの飛んでくるものの影響でしょうか、少しかすんで遠くの山の稜線が見えません。

三上ピークハント
あっというまに、頂上につきました。
頂上はすごい人で、ビックリ・・しばらくすると団体が先に出発してくれました。
まだまだ先が長いので、軽く休憩して早々に出発。登り同様に、下りも急です。
あっというまに、さっきの団体においついてしまいました。

少しずつ、間を開けながら歩きますが・・団体の最後部、足の悪い年配の男性が必死についておられ、立ち止まっても立ち止まっても、すぐ追いつきます。

「あなた達何名?20人。わたしらは30名やねん。ここは道が狭いし追い越しできないし、後ろついてきてもらわなしゃーないわ。」

となぜか命令口調。うちは20人じゃないけど、とりあえず「はい」とお返事。

「どこまで行かはんの?」
「鏡山です」
「まぁ、好きなとこ行ったらいいわ、急いでも5分ほどしか変わらん!ゆっくりいき!」
またしても、上から口調(ーー;)
とにかく、耐えて・・しばし歩く。
折を見て、
「すみません、どこまでいらっしゃいますか?たぶん、どこか休憩とれれますよね?」
と、命令口調の怖い女性でなく足の悪い男性に尋ね・・
「北尾根行くけど・・分岐かな」とご回答
ということで、分岐付近で団体の呪縛から解き放たれました。
グループ分けすることなく、30名数珠繋ぎ・・ちょっとビックリしました。
快適な北尾根縦走路♪
北尾根側三上山
振り返ると、さっき降りてきた三上山の綺麗な三角形

小さなアップダウンを何度もくりかえします。前方にはこれから上るルートがしっかり見えます。
少々足元が滑りやすいところがありますが、難なく古代峠に到着・・小休止
古代岩
今日は3月とは思えない陽気、ちょっと暑いくらいです。
だけど、巨大な岩のトンネルの中はすこーしヒンヤリ(*^_^*)
いくつも分岐があり、時間のロスはできない!(少々焦り気味)妙光寺との分岐で右手側、西ゲート方向に・・問題なく西ゲート到着

いつもは人気無い閑散とした希望が丘公園、、今日は沢山の車と人でにぎわっていました。
西ゲート入り口左方向には、これから登る城山が見えます。
昼休憩の場所まで移動中、小動物を発見!移動動物園か(~o~)

こちら、りっぱな鷹のハリスさんと、人気者のやぎさんたち
西ゲートのわし  西ゲート移動動物園
そして・・・
仲良しの羊と黒豚のほほえましい寝姿
仲良しの羊と黒豚さん
・・・ちょっと、見辛いですな^^;。左が羊、右が黒豚です。

ちょっぴり動物たちと親交を深めて、まったりムードになり、
今日はあたたかいので、陽だまりで簡単に昼食することに。
やる気満々のメンバーから、「早く出発しよう!」と声がかかり・・身を引き締めいざ出発!
城山のとりつき探しは毎度迷ってるので、すぐ見つけられるか心配
なつかしのトランポリン(かなり傷んでいますが、本日大盛況!)を通りすぎ・・大きな滑り台のわきの階段を見つけ・・でも不安なので左にまわって、山に近づいていきます。
見覚えのある道にでました。先ほどの滑り台の頂上に結局続いていました。
そしてしばらくすると、左手に城山登山口の道標がありました\(^o^)/
直登コースと峠コースがあり、直登コースを選択、少々あれた山道を登り、岩をよじ登り

城山ピーク
15分ほどで城山ピーク

城山より近江富士
先ほどの三上山も三角形が少しくずれ、別の山のようです。

古城山、立石山と短時間にピークを過ぎ、だらだらと尾根道を歩き・・
鏡山への道標はありますが、どのくらいかは不明
そろそろ皆も疲労がでてきたせいか、1時間くらい無言がつづき

星ヶ峯との分岐を通り越してすぐ、ようやく鏡山登頂384M!!
鏡山ピーク

下見ではまちがって「雲冠寺跡・下山」の道標に誘われ、竜王IC寄りの鳴谷池に下山してしまったので、よくよーく確かめました。
京都貴船と同じ名前、貴船神社(竜王宮)の鳥居を過ぎ整備された道を下ります。

こんめ岩

またしても巨石 こんめ岩です。「こんめ」とは滋賀県の方言でお手玉という意味だそうです。
快調に下山し、あっというまに積水樹脂敷地のある鏡登山口につきました。
道の駅へ向います。かなり早い下山になりました。

道の駅で買い物と待望の近江牛ハンバーグを皆で堪能しました!
近江牛ハンバーグ

おかげさまで今回の例会は超順調な山行ができました。
みなさん、わがままな企画に付き合ってくださってありがとうございました<(_ _)>
道の駅さんもお世話になり、ありがとうございました。
写真提供の新人Nさん、ありがとう!

次回は、「鏡山登山~アウトレットパーク」・・までって、いかがでしょうか^^;

3月例会担当 すぎすぎデシタ





霊仙山

霊仙山5

コースタイム

11:30 登山口 樽ヶ畑
13:00 お猿岩
13:50 霊仙山頂
14:30 粕汁できあがり\(^o^)/
15:30 霊仙山頂
16:30 登山口 樽ヶ畑
17:30 養鱒場前

メンバー naoさん、hisaちゃん、しゅうさん、すぎすぎ

3月9日早朝から大山に行く予定でした。
久しぶりの雪山へ宿泊でちょっとウキウキ(^^♪
しかし、出発前夜、naoさんより10日日曜の天候があやしいとの連絡ありました。

「日曜の朝、日本海を低気圧が通過するため、稜線では朝のうちから猛烈な暴風」
メンバーで相談した結果、急遽中止を決断しました。

naoさんのスピーディーな代替案で、日帰り霊仙山が決定。
そこで既に準備済みの粕汁をいただくことに\(^o^)/ヨカッタ

翌朝まずまずのお天気、朝6時半に家を出て、米原8:56
JR東海に乗換え9:19醒ヶ井に着きました。

例年より雪少なめの伊吹がどかーんとあらわれ
それでもオーラをはなっています。いい天気です!

改札で米原から醒ヶ井までの追加料金を払い出ようとしたら、
駅のおじさんが
「さっきの人、多めにもらったんちゃうかな。返しといてくれる?」

<私の独白>・・えっ?、おじさん適当に料金言ったの?^_^;)
ということで、hisaちゃんに20円返金♪

9時代のバスはなく、タクシーを呼んだのですが、ものすごーく待たされ、
そのうえ、嫌に無愛想(ーー;)

<私の独白>・・もしかして、山ヤ嫌い?この人、あきらかにご機嫌ななめやし?

naoさん「上丹生までお願いします」
運転手 「あっちは、土砂崩れで通行止めやと思うけどなぁ」ムッ(-.-)

<私の独白>・・土砂崩れ(T_T)、、しかし、なんでこの人怒ってるの?

naoさん「そうなんですか?!どのあたりがですか?」

その後のやりとり、なんとなく話かみ合わず・・

運転手 「あんたらの方が、よーわかってるやろし・・上丹生やね」
と、なぜかの捨て台詞  
一同「・・・」

スタート早々不穏なムード(-.-)

タクシー下車後、上丹生バス停でnaoさんが地元の人に確認

「昨年9月の大雨で上丹生登山口から谷山谷登山道間が
土砂崩れで通行止め」ということらしく・・

しかたなく、養鱒場スタートに変更。
タイミングよくバスがやってきたので、バスですこーしだけど移動♪

霊仙山1
つきました!養鱒場
しかし、ここからが長い!登山口まで3.8Kの表示
舗装路を1時間くらい歩くことに・・

<私の独白>・・なんだか最近このパターン多いなぁ。
綿向山も道路随分歩いたなぁ(-.-)
運転手さんさえ旅人を受け入れてくれれば、
こんなことにはならんかった!(T_T)


霊仙山2

ようやく、登山道につきました。
もう春真っ只中を感じさせるくらいの陽気で、
すでに汗^^;

雪のない登山道をのぼり・・のぼり・・のぼり、汗拭き峠
峠を通り過ぎる風がすごくさわやか

また、のぼりのぼり・・
高度をあげるにつれ、鈴鹿の山々がすばらしいビューになりました。
霊仙山6

雪解けであちこち、ドロドロになった道を登っていきます。
スタートが遅れたせいか、下山する人たちと何人もすれ違いました。

ようやく雪が・・しかし、重いザラメ雪

霊仙山3
何がお猿なのか良く分からない、お猿岩を通過し・・

道の途中で、すれ違った人おススメの「山頂への近道」
「谷みたいな」ルートをたどり・・
たまにふくらはぎくらいまで、もぐりながら、
雪と泥でまだらな山頂に到着!
霊仙山4


あまり時間も無いので、急いで適当な場所を探し
粕汁作りに・・
すでに14:00過ぎていました!!
お腹すきすぎると、つい無口になります。

ものすごい勢いで、全員粕汁を完食!!
<私の独白>・・大山で夜祝杯をあげたかったなぁ~
と、残念に思いながら。
談笑してお茶をのんだら下山することに。

あまりの暖かさに、雪山好きとしてはちょっと寂しい気持ち
<私の独白>・・もうこのレベルの山では、雪は最後かなぁ・・
真っ青な空を見上げて、
naoさんの大嫌いな夏がやってくると、感じました。

下山時にはドロドロの道も乾いていて、あっというまに登山口
また再び、養鱒場よりタクシー・・
なぜかまたしても、無愛想?・・なぜ??

そんなのんびり週末でした(^o^)

ふろく
翌日、日曜日は天気予報通り、昼から突然天候が変わり・・
もし、安易に登頂してたら・・とちょっとヒヤッとしました。
(やっぱり気象予報士の猪熊さんってすごい人ね!)

byすぎすぎ でした<(_ _)>

3月例会山行のお知らせ (一般参加可能です)

三上山北尾根縦走路にて

3月例会山行 近江富士から鏡山山系縦走 
一般参加の募集は締め切りました。


★ 山行予定日
 平成25年 3月17日(日)※雨天の場合は中止

★ 集合場所
 ①JR大阪駅
 ②JR野洲駅 南出口右手 滋賀交通バス停

★ 集合時間

  ①7:20 
  大阪7:30発近江塩津行き新快速乗車
  京都8:00発です
 
  ②8:40

※野洲駅 9:00発 の滋賀交通バスに乗車します。
(時間厳守:1時間に1本しかありません)


★ コース
表登山口~三上山頂上~北尾根縦走路~
希望が丘西ゲート~城山~鏡山~大谷池~鏡登山口

※標高が最高でも三上山432mの低山です。
雪の心配はほとんどありません。
小さなアップダウンの連続で、多少持久力を要します。
ストックがあると便利です。
だいたい歩行6時間可能な方でお願いします。


※解散 17:30 「道の駅かがみの里」
にて解散後、反省会を予定しておりますので、是非ご参加ください。


★ 持ち物
日帰りハイキング装備 (昼食、行動食、水筒、雨具、タオル、ザック、筆記用具)
今回、距離が少し長くなりますので、ゆっくり休憩する時間がとれない可能性があります。
簡単に済ませられる昼食、行動食をご持参ください。


★ 費用 

・交通費<行き>
 JR大阪駅~野洲駅  1,170円
 滋賀交通バス 
 野洲駅前~御上神社  220円

・交通費<帰り>
 近江鉄道バス
 道の駅かがみの里~野洲駅 370円
 JR野洲駅~大阪駅    1,170円

・参加費
 保険・事務費 500円 が必要です。


★ お申込み
参加をご希望の方は、名前・生年月日・性別・住所・電話番号・集合場所(①or②)
を下記宛てにご連絡下さい。
  tension10_2003@yahoo.co.jp
 
★ お申込み期限:3月10日(日) 
定員に達した場合は期限前に締め切りますのでご了承ください。
(ご連絡頂いた個人情報は、山行連絡と保険加入にのみ使用します)


★注意事項等
・山行中の怪我については応急処置のみ対応しますが、下山後は各自病院で受診して下さい。
・雨天中止の場合は、当日朝6時までにメールにて連絡します。
・基本的には日帰り登山の格好でお越し下さい(動きやすい服装、防寒着、登山靴、帽子等)


                               3月例会担当


綿向山


携帯からアップする時の写真の回転の仕方がやっとわかった。
これでどう?

赤坂山


今日は赤坂山へ行ってきました。スキー場には雪が全くなく、休業していました。
山の中も例年より少なく、ビックリしました。
まだ2月上旬なのに・・。

by.シバエモン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。