スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年5月 公開山行(一般参加者募集)/山行名 ~新緑の生駒山系飯盛山へ~

日  程:2016年5月29日(日) ※雨天の場合は中止
山行名:~新緑の生駒山系飯盛山へ~ 体力度(★★★) 一般向き
山  域:生駒              標高:飯盛山 315.9m
全行程(目安) 距離:14km     時間:5時間30分

集合場所:JR野崎駅(学研都市線) 集合時間 9時30分(10時スタート)
(山の会TENSIONの旗・Tシャツ着用・タオル等を持ってお待ちしています。)

★コース
JR野崎駅出発→10:20野崎観音→10:30野崎城址→11:00絵日傘峠→11:30飯盛山→休憩
→12:30飯盛山出発→12:50桜池→13:30阪奈道陸橋→15:30JR四条畷駅
(時間に余裕がある場合は、府民の森 室池園地に行きます)

★持ち物
 日帰りハイキング装備(昼食、行動食、水筒、雨具、タオル、ザック、筆記用具)
 各自お好きな嗜好品をご持参下さい。

★費用
 参加費(保険・事務費)500円必要です。

★申し込み
 参加をご希望の方は、名前(ふりがな)・生年月日・性別・住所・電話番号・緊急連絡先(氏名・続柄・電話)

 を下記宛にてご連絡下さい。
 tension10_2003@yahoo.co.jp
申し込み期限: ★5月18日(水)★
 
 ※定員(5名)に達した場合は期限前に締めきりますのでご了承下さい。
   (ご連絡頂いた個人情報は、山行連絡と保険加入にのみ使用します。)

★注意事項等
・山行中の怪我については、応急処置のみ対応しますが、下山後は各自病院で受診して下さい。
・雨天中止の場合は、前日夜10時までにメールにて連絡します。
・基本的には日帰りの登山の恰好でお越し下さい。(動きやすい服装、登山靴、帽子等)

★他情報
・一般公開の例会です。参加者の安全確保のため、多くの会員の参加をお願いします。
・また、下山後、京橋(16時頃)で懇親会を予定しています。
スポンサーサイト

2016年4月 公開山行(一般参加者募集)/山行名 北摂里山 黒川~妙見山

日  程:2016年4月10日(日) ※雨天の場合は中止
山行名:北摂里山 黒川~妙見山 体力度(★★★) 一般向き
山  域:北摂              標高:妙見山 660m
全行程(目安) 距離:12km     時間:3時間30分

続きを読む

納山祭

12月13日(日) 納山祭

参加者:27人

続きを読む

2013年11月 公開山行(一般参加可)/六甲方面

2013年11月 公開山行 六甲(黒岩尾根~摩耶山)※健脚コース

★ 山行予定日
平成25年11月10日(日)※雨天の場合は中止

★ 集合場所 神戸市営地下鉄 新神戸駅改札口
(山の会TENSIONの旗を目印にご集合ください)

続きを読む

2013年9月 公開山行(一般参加可)/六甲山

9月公開山行 六甲山(トエンティクロス)

一般参加締め切りました。

★ 山行予定日
平成25年9月8日(日)※雨天の場合は中止

続きを読む

クロスズメバチ

 実は先日の沢合宿(四国)の際、クロスズメバチに襲われた。

 泥土でズルズルの高巻き2番手、けっこうトラバース気味に急登を3点支持に気を使いながら一手一足確実にゆっくり登っていた処、いきなり経験したことのない痛みが上半身全体を襲った。四点しっかりしていたので滑落の不安はなかったが、得体の知れない痛みでかなり危険な異常事態だと感じ、とにかく仲間に知らせなければと「痛い!痛い!」を大声で連呼していた。

 3番手4番手がすぐに近づいてきてくれたのを感じた。「ハチや!ハチに襲われている!」と大声を上げながら、たぶん枝でだろうと思うがハチを掃ってくれている。 「そうか、これはハチに刺されている痛みなのか。でも1匹や2匹ではない。いったい何匹から襲われているのだろう」
後で聞いた話だが、両肩・上腕部が大量のハチで真っ黒になっていたそうだ。

 まだ下にいたリーダーが、降りてきて~と叫んでいるのが聞こえる。でも結構慎重に慎重に登ってきたのだ。さっさとは降りられない。とにかく痛い!その痛みがずっと続いている。刺され続けているのか… 
 なんとか沢まで降りて、ザックを降ろし着ていたラッシュガードを脱ぐ。左右の肩から二の腕にかけて無数に腫れている。相当やられたなぁ~。

 薬は車にはあるが沢には誰も持ってきていなかった。刺し傷を指で絞るようにして毒を抜いて清水で洗ってくれた。ハチに刺された経験は? との問いに初めてだと答える。応急処置としては完璧な処置を受けたと思う。
 刺された箇所は18カ所。とにかく痛い。強烈に痛いのだ。ロキソニンを頂いて1つ飲んだけどほとんど効き目なし。
 3・4番手のメンバーがハチを見ているのだが、小さくて黒白のハチだったとの事。リーダー曰く「ヂバチ」と言うらしい。 しばらく僕の様子を見て、痛い以外悪くはないようなので沢登り続行。戻るよりそのまま進む方が危険が少ないという判断だ。

 不思議な事だが、痛い痛いと思いつつその後の沢登りも楽しめた。下山して温泉入浴後ステロイド(正式の薬名を教えてくれたが覚えていない)を塗布して頂く。相変わらず痛みは続いたが気分が悪くなることはなく、その夜は普通に宴会をした。夜中、寝ている間も痛みは続いたが、朝にはやや弱まり、昼ごろには10だった痛みが2~3ぐらいに弱まった。これなら帰阪後医者に行くこともないだろう。

 抗体ができてしまっている為、2度目、ハチに刺されないように気を付けなければならないらしい。その為その後の沢登りにはほぼ白装束を着ている。白服が泥土の高巻きや詰めの藪漕ぎが下手っぴーなので汚れまくって、下山時全く哀れな格好になるのだが仕方ない。

 帰宅後ヂバチを調べたら、じぇじぇじぇ!本名はクロスズメバチだって!
あ~、スズメバチに襲われていたのかとぞっとした。地中に巣を作るので、クロスズメバチを俗称地蜂(ヂバチ)と言うそうだ。
 痛みはもうなくなっても腫れは残り、その一週間後腫れている所がやたらと痒くなった。

by こーじー

ソールが剥がれたあ(´・ω・`)

100328.jpg


先日、けっこうな雨だったので愛用の登山靴で出勤していたら同僚に

「ちょっと! 靴! 靴! どうしたの!?」と言われ
「どうだ! おいらの愛用のトレッキングシューズカッコいいだろ?」

と、足元を見ると












P1030319.jpg
びろ~ん・・


ああ・・ついにこのときが来たか・・・
でも、山行中じゃなくてよかった・・・・と

ポリウレタンのソールは以前から経年劣化で剥がれるからと認識はしてたんだけど
いきなり来るとは・・

5年前後で剥がれると聞いていたから、8年も持てばいいほうかと・・

でも、この靴でいろんなトコ行ったなぁ・・と
辛い山行もこの靴だったし、山頂に立って数々の感動した時もこの靴だった
今では他の靴も持ってるけど、「いざ本番!」って山行の時はいつもこの靴だった
ついでに言うと、山岳警備隊に怒られたり、登山学校を脱走したのもこの靴でした
天然の革なんで手入れが面倒だったけど、それがゆえにすごく愛着持ってたシューズでした

初めて買ったトレッキングシューズがどうしても足に合わなくて
この靴と出会うまで何件もショップ廻ったのを覚えてる

やっとぴったりフィットするこの靴を買ったとき
嬉しくて枕元において一晩寝た記憶がある(←バカですか?)



それで状況というと
パカッと開いたソールの中から粉々になったポリウレタンが砂のように出てきて

P1030320.jpg

床が粉だらけになってしまってたので
おそらく、中でポリウレタンが粉々に劣化していて、外に亀裂が出来た途端に一気に剥がれちゃったのかなあ・・と

もう片方のソールを見ると、亀裂がいくつか入っていて今にも くぱぁ~ しそうになってました


P1030317.jpg

とりあえず ガムテでグルグル巻きにしてその日は過ごしたんですが
無理な姿勢で1日過ごしたせいか、翌日に捻挫したような痛みが出て歩けなくなってしまいました・・

だいぶん以前に 発売元のコロンビアにこの靴のソールの張替えが可能かどうか問い合わせたことがあるけれども
「基本的に張替え可能ですが、状態によります」とのことだったので、どうなることやら・・
できれば張り替えて欲しいなぁ・・

ほんとうに山の中でおきなくてよかったなぁと思うので
みなさんも今一度 ご自分の靴の点検をお願いします!

byとも

実験!水筒はどちら向きに乾かせばいい?

みなさん 山で重宝する水筒にプラティパスの折りたたみボトルがありますね

コレ↓

PP-platypus2.jpg

別名カモノハシと呼ばれるこのボトルは 使い終わるとくるくると巻いて場所をとらない便利なソフトボトルです。
山では非常に見かける機会が多いですね

このソフトボトルは新しいうちはつるつるしていて洗っても非常に水切れが良いのですが
使い込んでいくと内面が凸凹して、中々乾いてくれません

ネットの意見をのぞいて見ると
・ドライヤーで強制的に乾かす!
・アルコールを振りかけて飛ばす!
・そんなに気になるなら水入れて保管すればいんじゃね?
・1回使ったら捨てろよ 貧乏人どもが!

と、様々な意見があり あくまでも自然乾燥にこだわって
口を上向きと下向きにして、どちらが早く乾くか実験してみました

カモノハシ2つを用意して洗って、ブンブン振り回して出来るだけ水滴を飛ばして
気温7℃の部屋で実験スタート!

P1030315.jpg


9時間後の翌朝・・変化なし スタート時と変わらず


24時間後 楽しみに帰宅して洗面所に直行!!

P1030316.jpg

え!? まったく乾いてない┐(´ー`)┌
長丁場になるなぁ・・と思いつつ

48時間後・・変化無し・・・

イカンイカン ということで場所変更

P1030321.jpg

気温16度ぐらいのリビングへ

3日目・・・変化無し

4日目・・・変化無し

5日目・・すっかり忘れて飲み会行ったため省略



6日目・・とうとう驚愕の結果が!

P1040326.jpg


結果から言うと 口を下向きにした方が2日ほど早く乾きました

今回の実験では口が下に軍配があがったけど、何か科学的な根拠があるのでしょうか??
どなたか教えてください!

これって干す環境とか色々左右されるんだろうけど
何日も乾燥にかかるなら、口を上にして干すのは衛生的にどうなのかなあ・・・と

とりあえず今回は 「プラティパスは下向きに乾かすべし」とさせていただきます

by TENSION実験部



追伸
最近のプラティパスは1L、2Lとメモリがプリントされるようになって便利になりましたね
便利になったのですが、TENSIONのメンバーである悲劇が・・・・

2Lタイプで売り出されてるプラティパスって実は2.5L入るんです
で、有料で水を分けてもらえる山小屋で 今まで2Lの価格で満タン入れてもらえたのが
新しいプラティパスでは2Lのメモリまでしか入れてもらえなくなったとか・・・
まあ、今までが今までだったんですけどね・・





会報誌「TENSIONだより」を制作しました

表紙
UCC.jpg

今日は南森町のキンコースで会報誌「TENSIONだより」を制作してきました。

広報部の部長みずから事前に編集してくれたおかげで、
集合時間に集まってから30分程度で製本までこぎつけました。
部長、いつもいつもありがとうございます!

今回はいつもより早く仕上げることができたので、
集まってくれた5人で喫茶店のお茶をしてきました。
いつもと違った雰囲気で楽しめました。

by モーリ&アイアイ


山のお風呂道具のお話・男編

山帰りに温泉なんかが素敵な季節になりましたね

ということで、山に持っていくお風呂道具(男編)をご紹介いたします。。。

F1000228.jpg

左からボディーシャンプー、リンスインシャンプー、シェイビングフォーム、ひげそり、洗顔
下の青いのがゴシゴシタオル

だいたいこれぐらいの物があれば事足りますが、長い縦走などで少しでも荷物を減らしたい時は左2つしか持って行かない事もあります まあ現地で買うのもアリでしょう
(というかアルプスとかの温泉は大抵シャンプーが備えられ付けてあるのですが。。。)

また、出来れば行った山の現地で温泉に入りたいところですが、TENSIONの場合はお風呂を飛ばして「お酒!」という場合もあります

F1000230.jpg

このような100均で売ってるメッシュの袋に入れておくととても重宝します
この袋を使い始めたきっかけは、どこかのお風呂で使ってる人がいて便利そうだったので、「いいですねそれ」とお聞きしたら、「100均の洗濯バサミいれ」ということだったので、私も使っているのですが、私自身もなんどか「それって何?」「それ便利そう」とたまに尋ねられますw

で、お風呂道具ではないのですが、山に持って行くと便利なスキンケア用品は

20120103150149_convert_20120103150458.jpg


左から保湿液、日焼け止め、洗顔、シーブリーズ、リップクリーム

保湿液はあまり出番がないのですが、高所は空気が乾燥している場合が多いので肌が弱い人はあると重宝します
男性用は化粧水と保湿液が混ざったようなものがあるので便利ですね

日焼け止めは夏より冬山、特に雪山では必須のアイテムになります(SPF、PAとも数字が高いほど効果が高くなります*) 男性の場合は夏場は塗っても汗で流れるからいらんという人も多いですが、休憩の度に塗り直している女性は大変ですね^^

(PAは+の数が多いほどUBAへの効果が高く、SPFは数字が大きいほどUVBへの効果時間が長いのですが、数字にこだわるより、こまめに塗りなおす方が効果大です)

洗顔もなくても大丈夫なんですが、降りてきて駅の水道とかで洗うととてもさっぱりしますね
日焼けした顔を洗う場合が多いので、山にはスクラブ系の洗顔は持って行きません

シーブリーズは私的には必須アイテムで、夏場はお風呂上りや山から下りてきたとき振りかけるとすごくさっぱりします また、長い縦走などでは「水のいらないシャンプー」の代わりにもなりますし、夏場に休憩の時に頭にかけると「風最高!」状態になりますw

リップクリームは雪山ではこれも必須アイテムで、塗り忘れると唇がかっさかさになって大変です
(余談ですが、このOXYのリップクリームは食べたくなるような甘い香りがしますw)

3つ目の写真のスキンケアについては、男性の場合「持っていかない」人も多いですし、女性の場合はメイク道具も含めてもっとたくさんの数になるようですね

ただし、山小屋によっては石鹸自体の使用(歯磨きも)を禁止しているところもあるのでご注意を

以上 山のお風呂道具・男編でした

by千尋
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。