スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1月例会山行@槙尾山

1月24日(日)に例会山行で槇尾山に行ってきました。

日程:2010年1月24日
山域:岩湧山・内畑
行程:10:00滝畑ダム~10:40ボテ峠~11:10追分~11:30施福寺(昼食)
~12:15出発~12:30蔵岩~13:20尾根分岐~13:45五ツ辻~14:20公園口
~15:18槇尾山口バス停
  (槇尾山・公園口へのバスは廃止されたため、槇尾山口まで40分ほど車道歩き)
メンバ:16名(わいわい)

槇尾山はダイヤモンドトレールの西の起点となっている山で
                         ↓ のような場所にあります。

超略図

西国三十三カ所四番礼所である施福寺(せふくじ)では、
すでに梅が咲き始めていました!!

ume.jpg

蔵岩からは大阪湾が一望できました。
参加者全員で蔵岩にて記念撮影↓

syuugou.jpg



天気に恵まれ、とってもハイキング日和な一日でした。

by すないぱぁ&岡子&橋♂



関連記事
スポンサーサイト

雪山☆伊吹山

■雪☆たっぷり!伊吹山登山報告■

日付:平成22年1月23日(土)
行先:伊吹山
メンバー:もーり&lovemo

(コースタイム)
JR近江長岡駅より近江バスにて伊吹山登山口へ
登山口9:11→3合目10:28(ランチ)→6合目避難小屋11:30→7合目過ぎ付近13:00(下山開始)→下山15:15

朝5時過ぎに起床し、雪を求めて久々の伊吹山へ行くことにしました。
さすがに眠い!ですが、電車にさえ乗ってしまえばあとはこっちのもの。
近江長岡までは電車中で
朝食をとって、
朝寝して。

近江長岡からバスに乗り込む人の殆どは、途中で下車しどこか別のゲレンデスキー場へ向かう雰囲気。
結局、登山口で下車したのはわたしたちのほか1名だけでした。
RIMG0037.jpg

しかし、車を登山口に止めている方もいて、その多くが山スキーやスノーボードを担いで山に登っていました。
1合目からさっそく雪が積もり始めていて、歩き進むほどにその多さにワクワク!しました。

天候は、くもり。折しも雪が降り始め、3合目についた頃にはフリースだけでは寒く
カッパを装着しました。
軽く昼食をとり、5合目を目指します。
が、だんだんと雪の降りが激しさを増し、横殴りの風で吹雪が舞い上がり、寒さが身体全体を直撃してきました。
RIMG0020.jpg

避難小屋で暖をとり、アイゼンを装着し、再び歩き進めていきましたが、7合目を過ぎたあたりからさらに悪天候となり、斜面もとうとうアイゼンがかかりにくくなりました。
あいにく、時間もせまってきており、下山することにしました。
この!下山の怖かったこと!!!
ホワイトアウト状態のなか、前を向いて下山するのは大変恐ろしく
ザイル+ハーネス+ピッケル をフル活用して難を逃れました。
RIMG0023.jpg

あとは脱兎のごとく逃げるようにして快調な足取りで下山し、
ところどころ尻セードやグリセード(もどき)を楽しんで
冬山の楽しさと怖さを体験した一日となりました。
RIMG0031.jpg



関連記事

蓬莱山~小女郎池(2010.1.16)

日程:2010年1月16日
山域:比良山系、蓬莱山
行程:蓬莱山10:00~11:00小女郎峠~11:10小女郎池11:50~小女郎峠~12:30蓬莱山
  (山麓から蓬莱山まではロープウェイとリフトを乗り継ぎ)
交通費:志賀駅~びわ湖バレイスキー場 320円(別途手荷物料100円)
    ロープウエイ(往復) 1500円(HPの割引券を利用)

ロープウェイを使って蓬莱山~小女郎池までスキーハイクに行ってきました。
積雪は80cm程度と少なく、雪もしまっていなかったので、残念ながら快適な滑りはできませんでした。
スノーシューだと快適なハイキングになったと思います。
それでも新雪の感触を楽しめました。(^^)

<蓬莱山>
RIMG0014.jpg

<小女郎池>
RIMG0008.jpg

by もーり
関連記事

槙尾山 1月例会山行のお知らせ

山の会TENSIONの1月例会山行で槙尾山に行きます
一般の方も参加可能なので是非参加してください


大きな地図で見る

日時:1月24日(日)

場所:槙尾山

コース:滝畑ダム~槙尾山~槙尾山口
(歩行時間:約5時間)

集合:①南海難波駅3階改札前 8:00
集合:②河内長野駅改札前 8:45

持参物:日帰りハイキング装備

参加費:500円(保険代を含む)

交通費、昼食代等は各自負担です

(行き)
難波 8:12発 南海高野線急行橋本行
河内長野 8:42着
(電車代540円)
河内長野駅前(19番乗り場) 9:04
滝畑ダム 9:49
(バス代 530円)

(帰り)
槙尾山口バス停~和泉中央駅
(バス代330円)
和泉中央~難波
(電車代620円)

参加希望の方は1月20日(水)22時までに
お名前(ふりがな) 生年月日 携帯電話番号 緊急連絡先、(集合場所1or2どちらか)を添えて

募集終了しました


#参加者が多い場合締め切りを早める場合があります
#初心者の方でも歩ける山ですが、防寒具(毛糸の帽子や手袋も)は必ず持ってきてください
#山行の注意事項等は山の会TENSIONのウェブサイトのQ&A等をご覧ください

みなさんのご参加をお待ちしております

関連記事

比良山系・堂満岳(平成22年1月11日(祝))

比良山系・堂満岳
日時;平成22年1月11日(祝)
行先:堂満岳
メンバー:
N美姐(リーダー) H本 Hがし S井 M本 O崎 M山×2 +S本(他会)(敬称略)
コースタイム
登山開始 イン谷口9:44 →(青ガレ)→金糞峠11:22→堂満岳12:17(休憩)→東稜→比良駅 15:00 →
大阪駅よりレジャー号乗車にて近江舞子へ。近江舞子からはイン谷口までタクシーを利用。
登山開始時点ではほとんど雪も無く、アイゼンその他「雪山装備」が歩荷のためのものなるのではないか?と心配しておりました。
しかし、青ガレを歩き進めるうちに、「ををををを!」と、いい感じの雪☆雪☆雪
といっても、積雪1メートルもないくらいでしたが、しっかりと雪を踏みしめることができ
キュキュっと雪の気持ちよいサウンド~♪でした。
RIMG0005.jpg


アッという間に金糞峠に到着しました。天候も良くて、展望も良し!!!!!
H本さんの提案で「バランス感覚をやしなう」ために、あえてアイゼンは装着せずに歩きとおしました。(※決して出すのが面倒だったからではございませんっ)
堂満山頂でランチタイムとし、我がTENSIONの「隊長」こと、M瀬さんのご親戚の方々にも偶然お会いしご挨拶しました。
RIMG0012.jpg


東稜は、ところどこズルズルとこけたりもしましたが、全員無事に安全下山。
反省会がひとしきり盛り上がったのはいうまでもありません。(※今回は日本酒と赤ワインメイン)
企画・リーダーのN美姐さん、どうもありがとうございました。そして皆様お疲れ様でした。

by lovemo
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。