沢登り 金剛山 丸滝谷 2013/07/28 

今シーズン第3弾の沢は、ソロで金剛山丸滝谷。

初心者が一人でも行ける沢として2年前に3つの沢を勧めて頂いたうちの一つ。
あとの二つである岩湧山の千石谷、金剛山の妙見谷は昨年までに既に遡行済み。
但しソロは今回が初めて。

P7280087.jpg

今後の参考の為のデータのみ記録を残しておく。

メンバー:ソロ
天気:晴れ後くもり
アプローチ:富田林から金剛バスで葛城登山口
装備:沢装備一式、非常用に補助ロープ(8mm 20m)、ハーネス&ギア類は無、

コースタイム
8:20 富田林発、水越峠行金剛バスに乗車 (*土日のみ運行、平日は運休)
9:00 葛城登山口着
 入渓地点まで林道を徒歩、入渓準備。
9:30 入渓
11:30 六道ノ辻着 遡行終了
12:10 金剛山頂
    タカハタ道を金剛山登山口バス停へ下山(トレッキングシューズ)
13:30 下山

【概要】
3~8mくらいの手ごろな滝が次々に現れて初心者コースにしては飽きない楽しいコースだ。
しかもナメあり、直登ありで楽しい。
明らかに他の二つの沢より登り応えがあった。
ただ最後の上の丸滝と言う滝は20m近くあって、難しくはないのだがちょっとビビった。

どの滝にも巻き道が付いているので、初心者でもチャレンジできる。
たぶん巻き道が丸滝谷の登山道だと思われる。

部分的にロープのある所があるが必要なく登れる。
ただ最後の滝である上の丸滝の最後の登りにもあるトラロープは
掴ませてもらってゴボウで登った。
この部分はひょとしたら登山道の最終部分でもあるのかも…

【取付き】
一度行けば簡単だが、道標がないので初めてだと取付きが分かりにくい。
ただ登山客がたくさんいるので誰かに聴けば済む話だが、一応詳細を記しておく。

葛城登山口バス停から進行方向に5分程徒歩するとトンネル手前から右にそれる道がある。
それを右に行くともう既に自家用車で来られている登山客の車がたくさん路駐されている。
すぐに右側にトイレの建物があって、そのトイレの南向きの谷に入っていくのだが、
取付きはトイレを通り越して少し(1分程度)歩く。
右側にある橋を渡って林道に入りすぐの二股を右へ。
つまり先程のトイレの南向きの谷の右岸(東側)を歩く。
10分程度上りの林道を行くと大堰堤があって大きな鉄板の橋を渡ると入渓地点となる。
ウォーミングアップに丁度良い距離だ。

【その他ルート】
すぐ近く或はほぼ並行してその他二つの遡行ルートがある。

・石ブテ東谷と石ブテ西谷
東谷は丸滝谷の取付きから入渓して、20分ほど登ると二股があり、右側が丸滝谷、左が石ブテ東谷。
レベルは3つとも似たようなものだそうで、六道の辻まで登って別の沢で下り取付きへ戻るというルートも取れる。
石ブテ西谷はセトに詰めることになる。


by こーじー

   
関連記事

沢登り 三谷渓谷遡行 2013/07/23

今シーズン、沢登り第2弾はピトンの会の沢トレーニングに参加させて頂いた。

2013年7月23日 沢登り 三谷渓谷遡行
雄滝 K野さん

続きを読む

関連記事

2013年7月 例会山行/有馬富士

7月例会山行 有馬富士とキリンビール工場見学
01公園入口


2013年7月21日(日)
山域:有馬富士:新三田駅―有馬富士公園ゲート―福島大池―登山口
―あじさいの小道分岐―頂上-芝生公園-福島大池
メンバー:会員14名

続きを読む

関連記事

高御位山 2013/7/20

2013年7月20日 高御位山山行

朝涼しいうちに高御位山に行ってきました。
往復二時間程度です。

8:30 長尾登山口(直登)
9:15 山頂
9:30 山頂発(巻道)
10:00 長尾登山口

続きを読む

関連記事

四国 西種子川・床鍋川 遡行 2013/07/13-15

今シーズン初の沢登りに行ってきた。
昨年受講した初級夏山の校長だったK氏のご好意で他会であるYMCCの沢合宿に参加させて頂いた。

魔戸の滝 下流域

メンバー:全7名 コーチクラス4名、昨年の同期受講生3名(僕を含む)
     TENSIONメンバーは僕1人。その他の方はYMCC正規会員or会友

アクセス:車2台

7/12 夜  瀬戸大橋の与島SAにてビバーク

7/13 西種子川遡行(アプローチシューズ持参するが沢靴で下山)
    6:00 与島SAから移動開始
    7:00 駐車
     (魔戸の滝下までの予定だったが土砂崩れの為通行できずかなり手前で駐車する)
    7:30 スタート(すぐ入渓 遡行開始)
     9:25 魔戸の滝下 
    9:40 滝の上(入渓ポイント)まで高巻き開始
   11:00 入渓ポイント捜しを断念 下山開始
    12:00 駐車場所へ帰還
   その後 スーパーで買出し 明日の入渓場所(床鍋川)へ移動 ビバーク

7/14 床鍋川遡行(アプローチシューズ無 終始沢靴)
    6:00 床鍋川入渓
   12:00 源頭部到着 一般登山道を下山
   13:20 ビバーク地到着
   その後 マイントピア別子で入浴 スーパーで買出し 寒風山トンネル付近でビバーク

7/15 7:00 伊予付近観光後帰阪の途に付く

魔戸の滝 下流域
P7130010.jpg

魔戸の滝
P7130014.jpg

P7130015.jpg

土砂崩れをトラバース
P7130016.jpg

2日目 うーん、高巻きはどうや?
P7140021.jpg

滝上から
P7140023.jpg

悪戦苦闘中
P7140033.jpg

源頭部に近づく
P7140034.jpg

源頭部に近づく2
P7140036.jpg

源頭部に近づく3
P7140040.jpg

源頭部に近づく4
P7140041.jpg

かっけー!
P7140043.jpg

帰宅後「地蜂」を調べてみたら、じぇじぇ!正式名称は「クロスズメバチ」。
小さくて白黒まだら、確かにこいつらだ。
小さいとは言え、スズメバチだったとは…
今後アナフィラキシーショックには気を付けなければいけない。

by こーじー
関連記事