スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金勝アルプス(天狗岩 竜王岳)

山行部で実施したアンケート結果から、「昨年度の山行実績」がなく、「例会山行で行きたい山」にあがっている山から数点を5月の例会山行の行き先として候補にあげて検討しました。その中でも最もみんなが参加しやすそうな山として、「金勝アルプス」にしました。

 それが正解だったのか、なんと 総勢26名(会員18名+一般参加8名)もの方が参加していただけました。(予想外に多くてちょっとびっくりしましたが…)

この日は朝から金に関するトラブルが他にもあり… この先を暗示しているようで嫌な感じだった。 (- .- ;;

 当日朝、西明石発6:45の新快速に乗る。参加者が多かったため、当日最も?心配していた「昼特切符の共同購入」のため、大阪駅に着くと急いで中央改札へ向う。するとその途中、階段手前で前方を歩いていた人が何かを落とすのが見えた。急いで拾うと、それは「ビニール袋に入った現金(=1,2万円?)」であった。落とした人を見失ってしまった(というより、落とした人を特定できなかった)ため、中央改札の駅員に届けた。(「ビニール袋+お金だけ(身元証明できない)」ものだったので、「ちゃんと元の持ち主に戻るのだろうか?」と心配だったが…) 

案の定、草津駅に着くと、予定のバスには既にたくさんのハイカーで満員状態だったため、30分後のバスに乗り、10:00頃に上桐生バス停に到着した。人数が多いため、収拾がつかなくなる恐れがあったため4つの班に分けて、予定より45分遅れの10:30に行動を開始した。

 上桐生バス停(駐車場)から「たまみずきの道」を通り、シダ植物が生い茂る沢沿いの道を進むと、まず「落ヶ滝」に到着する。今週のウィークデーはずっと天気が悪かったため、水量は半月前の下見の時よりもはるかに多かった。既に団体の先客がいたことや26名という多人数で滝周辺はかなり狭く、滝に全員は近づけない状態になったため、早々に引き返した。(「どうしようか?」と考えていると、他の団体の記念撮影に紛れ込んでしまいそうになってしまっていた。)

 落ヶ滝からは、落ヶ滝線コースのほうが北谷林道より面白いとの意見が多かったため、落ヶ滝線コースを行くことにした。沢沿いに、時折ロープが張っている一枚岩を越え、鶏冠山への分岐路11:35に到着した。出発時間が遅かったため鶏冠山(あまり見晴らしは良くないが、下見時にはイワカガミがたくさん咲いていました。)往復は省略して、そのまま天狗岩へ向かう。

 天狗岩へは、岩と岩の間を抜けていく尾根道を進んでいく。背後の景色もどんどん開けて、「琵琶湖」や「鶏冠山」、また金勝アルプスの岩なみなどが広がってくる。天狗岩へ行く途中に12:00を過ぎたため、見晴らしが良く広いところで食事休憩を取ろう思ったが適所がなく、天狗岩から少しだけ離れた岩場でとることにした(食事休憩の間に、天狗岩に登る人は登る。)。天気が良かったこともあり、天狗岩付近からの景色は非常によく、琵琶湖や三上山(近江富士)、琵琶湖の向こうには比良山系が望めた。

 13:00に竜王山へ出発。今日は初夏の陽気で「ちっと」暑い。竜王山への尾根道は、整備されたハイキングコースで、時折、さわやかな風が吹き抜けると、とても気持ちがいい。13:30「竜王山」山頂に到着。竜王山からは競走馬の栗東トレーニングセンターが良く見える。竜王山の山頂は、人数に対してあまり広くないため、カメラマンに藪の中に入ってもらい、記念撮影を行った。

 その後は、狛坂摩崖仏(「こまさかまがいぶつ」読めませんでした…)、逆さ観音、オランダ堰堤と下っていき、15:40ぐらいに上桐生バス停に到着した。(所要時間:5時間強)

 その後、JR草津駅近辺の「○笑」でいつもどおり反省会..(略しますが、いつもどおり、沢山反省しました!?) 少々暑かったですが、久しぶりの大所帯

山行で、楽しい山行になりました。

関連記事

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://tension10.blog119.fc2.com/tb.php/110-9a220460

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。