スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪山☆伊吹山

■雪☆たっぷり!伊吹山登山報告■

日付:平成22年1月23日(土)
行先:伊吹山
メンバー:もーり&lovemo

(コースタイム)
JR近江長岡駅より近江バスにて伊吹山登山口へ
登山口9:11→3合目10:28(ランチ)→6合目避難小屋11:30→7合目過ぎ付近13:00(下山開始)→下山15:15

朝5時過ぎに起床し、雪を求めて久々の伊吹山へ行くことにしました。
さすがに眠い!ですが、電車にさえ乗ってしまえばあとはこっちのもの。
近江長岡までは電車中で
朝食をとって、
朝寝して。

近江長岡からバスに乗り込む人の殆どは、途中で下車しどこか別のゲレンデスキー場へ向かう雰囲気。
結局、登山口で下車したのはわたしたちのほか1名だけでした。
RIMG0037.jpg

しかし、車を登山口に止めている方もいて、その多くが山スキーやスノーボードを担いで山に登っていました。
1合目からさっそく雪が積もり始めていて、歩き進むほどにその多さにワクワク!しました。

天候は、くもり。折しも雪が降り始め、3合目についた頃にはフリースだけでは寒く
カッパを装着しました。
軽く昼食をとり、5合目を目指します。
が、だんだんと雪の降りが激しさを増し、横殴りの風で吹雪が舞い上がり、寒さが身体全体を直撃してきました。
RIMG0020.jpg

避難小屋で暖をとり、アイゼンを装着し、再び歩き進めていきましたが、7合目を過ぎたあたりからさらに悪天候となり、斜面もとうとうアイゼンがかかりにくくなりました。
あいにく、時間もせまってきており、下山することにしました。
この!下山の怖かったこと!!!
ホワイトアウト状態のなか、前を向いて下山するのは大変恐ろしく
ザイル+ハーネス+ピッケル をフル活用して難を逃れました。
RIMG0023.jpg

あとは脱兎のごとく逃げるようにして快調な足取りで下山し、
ところどころ尻セードやグリセード(もどき)を楽しんで
冬山の楽しさと怖さを体験した一日となりました。
RIMG0031.jpg



関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。