スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

氷ノ山 2010/2/27-2/28

P2280536_20100307164616.jpg

2月27~28日でメンバー5人と氷ノ山に行ってきました!
今回は、冬セミの生徒さんやコーチの方々が乗られるバスに便乗させてもらうことになり
奈良尾キャンプ場では色とりどりのテントが並ぶ事が予想されました。

2/27 福定~奈良尾キャンプ場(近くにトイレ、水場あり)
2/28 奈良尾キャンプ場~東尾根避難小屋~山頂避難小屋(ピストン)

前日まで27日は、雨予報でしたが日頃の行いが良い(??)メンバーばかりなので
その日は雨に逢わなくてすみました。
まず、私たちは1合目はリフトを利用し、2合目からキャンプ場まではゲレンデを直登する予定でしたが・・・
いつもの事ながらどこをどう間違えたのか、(尾根を一つ間違えてしまっていた)、
なんとロマンスリフトまで上がっていました(泣)
(テント泊装備を担いで、その間1時間)
奈良尾キャンプ場近くでは、我が会の名誉顧問であり冬セミの校長先生も兼務してらっしゃる”鬼軍曹様”が仁王立ちで
私たちを待っていました。(どうか怒らないで下さいっ!)
案の定、久しぶりに”鬼軍曹様”からこっぴどくお叱りを受けました(トホホ)
汗だくになりながらテント場に着いて、即テント設営
”鬼軍曹様”は、先に場所を取って下さっていて、しかも地慣らしまでも済ませておいででした。
(その瞬間は、”鬼軍曹様”が仏に見えました)
私たちがテント設営をしていた頃、冬セミの生徒さん方はこんな立派なお手洗いを作成されていましたP2280540_20100307163948.jpg
その日の夕食は、石狩鍋。S井さんが上手に味付けしてくれて、大変おいしゅうございました!
20:00頃それぞれ就寝
O澤会長は、シュラフに入った途端、とても力強い寝息を立てておられました(笑)
私たちが疲れさせたんでしょうかねぇ^_^;
その日真夜中、みぞれが降っていました・・・

翌日、6:30に冬セミの生徒さん達と前後して出発。
東尾根避難小屋で立ち休憩し、春になるとドウダンツツジの群落が見られる箇所を通過した辺りから、風が吹き始め
私は、思わずカッパのジッパーを一番上まで上げ、帽子で耳を覆いました。
この辺りぐらいから、本格的な雪山を感じた様に思います。
それから、神大ヒュッテは通らず直接尾根を登り、頂上避難小屋に通じる道に出ました
頂上避難小屋到着は、9:06
中に入ると、生徒さんで一杯。でも、小屋の中はマイナス2度?でしたね。
ゆっくりしてもおれず、ガスも出始めたので足早に下山することに。
途中でアイゼン装着もあり?かなと思われた箇所も、下山する頃にはかなり雪が緩んでました。
生徒さん方は駆け下りるように下山していき、私たちも負けじと先を急ぎました(とにかく、16期生の皆さん方
とっても健脚でしたよ~!)
テント場に到着したのが13:00頃。
テント撤収を終えた人達から下山することになり、下山道はハゲハゲのゲレンデを通過しながら福定まで降りました。
またハプニングありの山行でどうもすみませんでした<(_ _)>そして、お疲れさまでした!!
これに懲りず、またお付き合いくださいね♪

BY N美ねえ

P2270529.jpg
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。