2011.1.8-9 冬の八ヶ岳登山

RIMG0059.jpg 赤岳鉱泉から見た夕日に写る南八ヶ岳
RIMG0050.jpg 赤岳鉱泉名物 アイスクライミング
RIMG0069.jpg 強風の吹き荒れる地蔵の頭

日程:2011年1月8日(土)~9(日)
メンバー:4名
山域:南八ヶ岳

記録
1月8日(土)
11:00 茅野駅発 タクシー → 11:20 美濃戸口着
11:40 出発
12:40 美濃戸山荘着 13:00 出発
14:50 赤岳鉱泉着

1月9日(日)
4:00 起床
6:00 赤岳鉱泉 出発
6:45 行者小屋 着 7:00 出発
8:15 赤岳天望荘着
10:00 赤岳鉱泉着 12:10 出発
13:30 美濃戸山荘着 13:50 出発
14:40 美濃戸口着
15:10 茅野駅着

内容:
冬の八ヶ岳にいってきました。
1日目は非常に天気が良く、八ヶ岳が非常にきれいに見えましたが、
2日目は朝からどんよりとした曇り空。
硫黄岳から天狗岳への縦走はあきらめ、赤岳往復に計画を変更しました。

赤岳鉱泉から行者小屋を経由し地蔵尾根を登ると、稜線は予想通り風が強く吹き荒れていました。
赤岳天望荘で休憩を取ってから山頂を目指そうとしましたが、
あいにく宿泊客の出発する時間帯と重なってしまい休憩は断られ、
山頂登頂はあきらめてそのまま下山しました。

2泊3日の予定でしたが1日早く下山しました。
他のパーティーも天候の回復の見込みがないため早めに下山したようです。

それにしても冬の八ヶ岳の風の強さと寒さは半端ではありませんでした。
稜線の気温は-20度、風速は20m以上、そんな中での登山でしたが、
久しぶりの冬山の厳しさを体験でき、印象にのこる登山でした。

by もーり



関連記事