スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天ヶ岳 2012/10/31

P1010001.jpg

10/31 天ヶ岳山行
メンバー:HRM、こーじー 2名

コースタイム
9:15 戸寺
10:39 翠黛山
11:41 焼杉山
12:24 分岐
13:26 天ヶ岳へ分岐
13:34 天ヶ岳
15:00 静原の奥林道へ下山
15:30 静原バス停

P1010002.jpg

戸寺バス停~江文峠~金毘羅山~翠黛山~焼杉山~天ヶ岳~鞍馬駅
計画はこの通り。そんなに難しいコースではないが、翠黛山近辺と天ヶ岳山頂に至る付近が若干丁寧な地図読みが必要だという判断をして山行開始する。

P1010005.jpg

 予想していた読図要の箇所もしっかり読むことでほぼ難なくクリアし天ヶ岳山頂に至る。
ここからはしっかりとした踏み跡があるのでと気持ちが緩んだようだ。
 南南西方向の尾根に沿って下る。踏み跡もあるし二人とも完全に気が緩んでいる。尾根伝いに忠実に下って行くが踏み跡が怪しい。枯葉に覆われて見難いのだろうくらいに思いつつなおも下る。だんだん傾斜がきつくなり始め初めてコンパスを見ると南から南南東方向に降りている。
 違う尾根に乗っていると判断できたがもう戻る気にはなれない。このまま下る事にする。おそらくこのまま下れば静原に出るだろうと予想できた。
 HRM氏は杉の植林地なのでこのまま降りれば林業者用の林道があるはずだとおっしゃる。まぁきっとそうなのだろう。一人ならこの場面かなり緊張するところだが、連れがいるのはなんと心強いことか。しかもロープを持参してくれているので不安もない。むしろこの危ない状況を楽しむ余裕があった。

結果的には予想通り林道に降り、懐かしい静原キャンプ場を通ってバス停に至る。

山域にもよるがロープさえ用意できていれば道迷いも恐れることはない事を実感する山行だった。

by こーじー
 
関連記事

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。