スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

綿向山に行ってきました

CIMG0232 (380x285)

1月13日、すぎすぎ、ひさ姫、新入会員Kさん、私と4人で樹氷を求めて鈴鹿山脈の一つである綿向山に行った。

交通手段:JR大阪~草津(東海道本線) 草津~貴生川(草津線) 貴生川~日野(近江鉄道)          日野~西明寺登山口(タクシー利用) 復路は登山口~西明寺バス停まで徒歩30分 西明寺バス停~近江八幡駅(近江鉄道バス)     

コース: 西明寺登山口9:45~三合目10:50~行者コバ11:23~綿向山頂上12:00~竜王分岐12:40
~綿向山13:00~行者コバ13:18~三合目13:50~西明寺登山口14:30

今回は大阪6:58発早朝の電車に乗って、2回乗り換えタクシーも利用しての山行となった。
土曜日も仕事だったが、また雪山に行ける楽しみと翌日も休みという事から早起きもそんなに苦にならなかった。

CIMG0225 (380x285)
ここからスタート。

御幸橋を渡り北畑谷林道に入り、しばらく歩くとヒミズ谷出合小屋に出た。
ここから3合目まで所々凍結している箇所があったが、雪はほとんど無かった。5合目から九十九折の道になり、段々雪道になってきた。九十九折の道は勾配も程々で、先頭のすぎすぎの早いペースでも皆んな坦々と登っていった。ただ、気温が少し高く無風だったせいか、私は大汗をかいてしまっていた。(>_<)
CIMG0228 (380x285)
ここが7合目の行者コバ。

左側の冬期ルートの尾根を登る。
尾根筋は傾斜がきつく地面も氷結していたので、アイゼンを装着するかどうか迷ったが、私達は行ける所まで立木をつかみながら装着せずに頑張ることにした。距離は短いがきつい傾斜と登りにくさで息を弾ませながら、ようやく綿向山頂上に出た。
風も殆どなく晴天とまでは言えなかったが、鈴鹿方面の展望は最高だった。
CIMG0235 (380x285)
右側奥の尖った山が鎌ガ岳。

ここで昼食をとった後、すぎすぎの提案でイハイガ岳に行くことにした。(ここから、アイゼン装着)
竜王分岐を過ぎ稜線上を進んでいたが、綿向山~イハイガ岳往復となると1.5時間かかりそうなので途中で引き返すことにした。途中で竜王分岐から登ってきたパーティに出会う。聞くと竜王山までトレースはあったそうだが、やはり結構時間がかかりそうな感じだった。次回は、竜王山まで縦走したいねと皆んなと話しをした。
CIMG0238 (380x285)
エビの尻尾の後??

綿向山から、ピストンで下山することにした。三合目でアイゼンを外し、軽快な足取りで登山口に戻ってきた。

今回、私は綿向山行きを提案しただけで、実際に交通手段とかコース等を色々調べてくれたのはすぎすぎだった。樹氷は見れなかったけど、すぎすぎに感謝、感謝です!また、皆んなで雪山ハイクに行こうね☆彡

BY なお


関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。