シーカヤックキャンプツアー熊野灘 2013/05/04-6

2013年5月4日-6日 シーカヤックキャンプツアー 熊野灘 新鹿~小山浦キャンプ

メンバー:柴田さんを含めて5名 車3台。

5/3にみんなで決めた当初の予定は、
3日:さらくわロッジ泊。
4日:車1台をさらくわに残して2台で新鹿に移動、出艇。元須賀利でキャンプ泊。
5日:座佐浜でキャンプ泊orさらくわロッジ泊。
6日:早朝から車を回送、移動、解散。


P5040009.jpg

実際のコースタイム
5/4 12:30 新鹿海岸 出艇
   14:30 三木崎(大雨 引返して一時避難)
   15:30 賀田湾内の三木浦漁港手前の浜(元盛松、もとさがりまつ)に上陸 キャンプ泊

5/5 9:30 元盛松出艇
   12:30 尾鷲湾内 須賀利の手前の浜へ上陸(昼休憩)
   14:30 出艇
   15:00 須賀利の集落
16:00 小山浦上陸

5/3は午前中は御座のクラブハウス、午後から移動してさらくわロッジ。その間に少し観光トレッキング。結局漕がずにさらくわのロッジで泊。
5/4:9時頃さらくわ発、買出し後10時半に新鹿着。11時半出艇準備完了。昼食後12時半過ぎに約25㌔先の元須賀利を目指して出艇。少し出艇が遅くなったのが気になるが、コンディションも良く南風の追い風なので何とかなるんだろうと思っていた。

湾内

新鹿の湾内を外海に出るために南下するが結構アゲインストの風が強い。

P5040012.jpg

外海に出て東に方向を変える。思いのほか波高し。三角波がバシャバシャのぐしゃぐしゃ。2年前に西表を1周したけど、その時のパイミ崎はもっと優しかったなぁ~ でもこの三角波にはあまりエネルギーを感じない。高いけど軽いように感じた。そんな三角波が現実にあるのだろうか?

さすが柴田さん、胸まで海に沈みながらも漕いでいます。
波に沈みながら漕ぐ

楯ヶ崎の柱状節理。素晴らしい!圧巻!福井の東尋坊より巨大に感じる。この風景がしばらく続く。
P5040015.jpg

島の間を抜ける。写真ではよく見えないが三角波がバシャバシャ。
P5040016.jpg

島の間をどんどん抜ける。
P5040017.jpg

同じ島の間を抜けている処。漕ぎながらも写真を撮る余裕がある。もちろん撮っている時はパドルは置いています。
P5040018.jpg

雲行きが怪しい。雨になるのか?
P5040021.jpg

山(大台方面)の方は雨が降っているようだ。雨雲がどんどん近づいてくる。これは降られるな~と思い始める。柴田さん曰く「今日の天気予報に雨の予報がありましたっけ?」 相変わらず三角波高し。
P5040022.jpg

とうとう降って来た。この後土砂降りになり、さっき通り過ぎた湾内の浜に戻って一時避難することに。
すごいアゲインストの風。体感で6~7m、瞬間的にはそれ以上。土砂降り。当然写真はありません。
三角波

この浜に上陸。ゴロタというより岩岩の浜だ。僕を含めて3艇上陸したが、写真の様に空が青くなり始めている。小用を済ませて漕ぎ始める。
スコールの為一時避難

既に3時を過ぎている。まだ予定の行程の半分弱程度。元須賀利までは難しそうだ。という事で次の賀田湾内の三木浦漁港の手前の小さな浜を今日のキャンプ地とする。後から知ったのだがこの浜は元盛松(もとさがりまつ)と言い、数10年前まで集落があったそうだ。
元盛松については下記URLを参照。民俗学的にも神話の世界としてもなかなか面白い。さすがに神の国「熊野」。
http://yanoko.blog85.fc2.com/blog-category-16.html

元盛松の早朝
翌朝テント場1

テント場風景。本日も晴天。
翌朝テント場2

出艇の準備。
出艇準備

テント場 海上から
テント場 海上から1

テント場の元盛松を海上から
テント場 海上から2

本日、凪。今日の目的地は尾鷲湾内の奥にある小山浦。ここで泊しておけば明日の回送が楽になるので。9:30にスタート。小山浦まで15㌔弱なので、時間的にはかなり余裕がある。柴田さんに了承を取って、本日は海岸線を舐めながら漕行することにした。みんなが岬から岬へ漕ぐところを僕一人遅れながらも海岸線をじっくり見ながら写真撮りながら漕ぐ。
P5050054.jpg

柱状節理は今日もまだまだ続く
P5050057.jpg

三角岩岩1

三角岩岩2

P5050063.jpg

凪とは言え、岬の先っぽはさすがにバシャバシャしている。
岬を越える1

この岬を越える。
岬を越える2

P5050071.jpg

何かの化石だろうか?
化石?


P5050073.jpg

同じ角度でバッサリ切り込まれている。
三角岩岩1
三角岩岩2

P5050079.jpg

これから岬を回り込む1
岬の突端を回り込んで1

これから岬を回り込む2
岬の突端を回り込んで2

これから岬を回り込む3
岬の突端を回り込んで3


P5050087.jpg
P5050088.jpg
P5050089.jpg
P5050093.jpg

岬の突端は三角波
岬の三角波1

でも軽いというかエネルギーを感じない。
岬の三角波2

九木崎を越えて尾鷲湾へ 右側にあるのが桃頭島。その奥に隠れているけど佐波留島(アオサギの島)がある。
尾鷲湾内に

前の山々は大台方面。 南風やや強い、追い波。
大台方面 南風の追い波

元須賀利の入り江は通り過ぎて、須賀利の手前のこの浜で昼休憩。
昼休憩の浜1


昼休憩の浜1
昼休憩の浜2

須賀利の集落。今年の正月には陸上から行った。左側に見える建物が須賀利小中学校だったと思う。
須賀利の集落

洞窟

ゴールの小山浦。尾鷲湾の奥の奥にあるので
小山浦
関連記事