スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<山食>簡単ビビンバ丼

ビビンバ

温泉卵つきビビンバ丼とわかめスープ4人分

今回はメンバー3人(男1女2)で、久しぶりの積雪期テント泊\(^o^)/
かなり久しぶりで体力不足なのと軽量化をめざし、簡単で早くできるビビンバ丼を計画しました。

当初、3人分準備していましたが、小食のためか?おかずとスープが残ってしまいました。

残りを3人で翌朝も食することになったので、以下材料で、4人分ちょうどだと思います。


【材料】
ビビンバの素  1袋半(1袋=2人分)
(スープ付き・ごま油付き)
ほうれん草   1束
豆もやし    1袋
牛肉細切れ   200グラム
温泉卵 3個
乾燥わかめ   適宜
韓国のリ    適宜
醤油

アルファ米   1袋(2人分用)


【下準備】
ビビンバの素の外袋など要らないものは、山でゴミになるので捨てて準備します。
温泉卵だけは、割れないようにケースのまま持って行きます。

ビビンバ丼の素には、肉・野菜は入っていますが、ボリュームをもたせるのに、野菜と肉を準備しました。

もやしとほうれん草はかさばるので、あらかじめサッと茹でてからパッキングします。

ビビンバ丼についてるスープは具が少ないので、乾燥わかめを少量用意します。

以上、コッヘル小(φ18cm 2.8L)の中に食材がおさまります。

今回、即席の素を利用するので、調味料はほとんど使うことは無いと思います。
濃い味にしたいときは、醤油などを持っていくと良いと思います。


【調理】
アルファ米にお湯を入れて、どんぶりの準備をします。
備え付けのごま油をコッヘルに入れ少しあたためます。
肉を入れて色が変わるくらいまで炒めます。
肉に火が軽く通ったら、野菜をまぜます。
次にビビンバ丼の素を入れまぜます。
焦がさないように火加減して、備え付けの調味料を入れます。
まぜあわさったら、ご飯の上にビビンバを入れます。
ゆで卵をのせて、好みで韓国のりを細かくしてかけます。


※ちなみに、今回残ったおかずに備え付けのスープの素を加え、クッパ風にして翌朝食したメニューが大好評でした。
今後アレンジ展開できそうな感じです。


※材料費は、合計940円程(アルファ米のぞく)


以上、ご参考まで
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。