スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白滝谷遡行 2013/07/28

白滝谷 (450x338) (3)

7月28日(日)、ブルースさん&私で今シーズン初の沢慣らしということで、比良の白滝谷に行ってきました

コース:牛コバ林道終点11:30~クルミ谷出合14:30~牛コバ林道終点15:30

2年前に訪れた記憶をたどり、入渓地点は見つかったのだが(林道終点よりかなり手前)、先頭を歩いていた私の大変なミスで反対方向に進むことになってしまった。つまり、川を下るということに
最初から、難しそうなへつりが出てくるし、前に来た時こんなのあったっけ~??と段々不安になってきた所で、へつりで四苦八苦していたブルースさんに「これ間違いや!川を下る方向に来てる!」と言われ、またやってしまったと猛省 気を取り直して、遡行図をもう一度見直し、今度は牛コバ林道終点から入ることにした。白石谷出合までは、あまり変化のない沢のようだった。
白滝谷 (450x338) (4)

CIMG0300 (450x338)


出合を過ぎると、岩肌に滑る3メートルの滝、二条5メートルの滝、ナメ滝と出てくるが、これらは巻いても良いし、シャワークライミングがお好きな人は果敢に挑んでもらっても面白しろそうだと思う。
私達は、私の失敗で時間が押して来ていたのもあり、クルミ谷出合まで登山道が並行についているので、今日はそこまでで打ち切ることにした。ここで、最後に二段4メートルの滝に挑んでみることに。
最初は、ブルースさん!
     ↓
2013年7月28日、比良、白滝谷⑨P1010817 (450x338)
その次は、ヘタレのわたし
     ↓
2013年7月28日、比良、白滝谷⑭P1010822 (450x338)
ブルースさんのように左足に体重をかけることに躊躇してしまい、滝下突入にチャレンジしてこの状況を打破することに。
     ↓
2013年7月28日、比良、白滝谷⑰P1010825 (450x338)

いやぁ~!面白かったけど(^-^)、水が想像していた以上にとても冷たくて芯から体が冷えそうだった。

とにかく、夫婦滝まで行けなくて残念だったが、久しぶりに沢登りを堪能できて楽しかった
クルミ谷から登山道を経て駐車場に戻り、後片づけをして車に乗り込んで数分たった後に、いきなり強い雨が降ってきた。早目に上がってきて正解でした!
ブルースさん、今日はどうも有難うございました!また、これに懲りずお付き合い下さい

by なお
関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。