芦生 生杉~三国峠 2014/02/18

雪の芦生は2年前にトロッコ道をスノーシュー履いて歩いたが、山歩きはしていない。
今回念願だった芦生の雪山歩きを、いろいろあってソロでやっと実現させた。

一泊二日なら生杉から高島トレイル(クチクボ峠、三国峠)、芦生側に枕谷を降りて長治谷泊、日帰りなら生杉から高島トレイル(クチクボ峠、三国峠)までと考えていた。
今回は日帰りで京都側には下らないので、京大に事前申請はしていない。

トレースのない雪山とは言えそこそこ地図読みができる様になっているし、昨秋にこの辺りをさらっと下見もしているのでルーファイに不安はなかった。ただ生杉まで車で無事に雪道を走れるかが不安だった。

天候:くもり時々雪、北風15~20m(高島トレイル上)
   高島トレイル以外では風裏になるので微風。
メンバー:ソロ
ワカン

10:45 生杉集落の最奥 最終除雪地をスタート
ルートは北向きの尾根を登って北西に登る尾根に乗る予定

11:25 P637
11:55 高島トレイル(P677辺り)、高島トレイルへの合流地点は鞍部ではなく小さなピーク。
12:10 ナベクボ峠(クチクボ峠)
12:17 三国峠
地蔵峠方面(南東向きの尾根、高島トレイル)へ下り、方向を南西に(地蔵峠)に向わず、そのままほぼ東に尾根を下る。いくつか尾根の分岐はあるが歩きやすそうな尾根を選び、結局そのままほぼ東方向に下って、

13:50 林道へ下山
14:10 最終除雪地、駐車地へ到着

P2180708.jpg
高島トレイル 左側(針葉樹林)が滋賀県 、右側(広葉樹林)が福井県
林道から北向きに登る尾根上にはかなりたくさんのスノーシューの踏み跡があった。ガイドツアー客が相当入っているようだ。ちょっとがっかりしながら登ったが、北西向きの尾根に入ったらその踏み跡もなくなり全くノートレースになりテンションも上がる。

P2180710.jpg
ナベクボ峠より滋賀県側

P2180711.jpg
ナベクボ峠より滋賀県側 滋賀県はナベクボ峠と呼び、福井県はクチクボ峠と呼ぶ。何故だかは知らない

P2180712.jpg
ナベクボ峠より福井県側

P2180713.jpg
高島トレイル 三国峠への稜線

P2180718.jpg
三国峠よりほぼ東向きの尾根を下る

P2180720.jpg
除雪最終地点

今回は尾根を歩く事に徹したが、尾根だけでもまだまだ歩けるルートがある。それぞれのルートを歩いてみたいものだ。また谷も所詮600~800までの低山、少なくとも今回は雪崩などそんなに危険とも感じなかった。できればいずれ福井県側や京都側にも下りたい。芦生周辺はまだまだ僕の好奇心をそそる所がたくさんあるなぁ。それを四季折々に行ってたら芦生だけで僕の山歩きの一生は終わってしまいそう。


関連記事

コメント

非公開コメント